夢を暮らしに生かしてどんどん開運しましょう!

夢占い、夢判断はいろいろな解釈がありますね。ここでは、世界的に有名な手相家の西谷泰人先生の解釈を基にその夢が象徴する事象を紐といでいきます。

 

夢の8割はその日か、その翌日に起こることを教えてくれているそうです。
そして残るうち1割が1週間以内。
残る1割が1ヶ月から近未来の予告でたまに遠い未来を教えてくれるそうです。

 

もし、あなたが不吉なことが起こるという予知夢をみたら、2日は特に意識して注意しましょう。
そして続く1週間も警戒して過ごしましょう。そうすることで殆どの災難は免れるといわれています。
なぜなら、回避するために、その夢でもって危険をあなたに教えているわけですから、活用しない手はないのです。

 

夢はあなたの味方といえます。
夢から未来を見ようと意識した日から、どんどん正確に情報が与えられることにきっとあなたは驚かれるでしょう。
夢を信頼して、未来を教えて欲しいと願えば、それに応じて夢で教えてもらえるのです。
もし、夢見たことを覚えてないんだっていう人がいても大丈夫。
毎日意識して思い出すようにすれば、自然と覚えてくるものです。
できれば夢日記をつければ一層早く、正確に夢を思い出すようになります。
枕元にノートとペンを置いて目覚めてすぐに気になる事象を書き留める、っていう感じですね。

 

もし、あなたが吉祥の夢の象徴を覚えていたら、意識してその夢を見るように努めて、開運するというのも可能だといいます。
これってすごいことです。
眠っているだけでいいんですよ!

 

さぁ、これも何かの好転のタイミングです。ぜひとも夢が意味することがらを知って、どんどん開運していきましょう!

 

参考文献
西谷泰人先生「夢判断」SOBUN出版

更新履歴